11.jpeg

​隙間の地形_in-between

carbon drawing on peper 2018

R0013690.jpeg
_DSC6918.jpeg
R0013701-2.jpeg

installation view at CAI02 2018

31.jpeg

つるつるのみちをとおてかなたをさわりに  2016

ただよう、うつる、さわる、さわらない|浅井真理子のノートについて

鈴木俊晴     豊田市美術館学芸員

 

 はじめにほんの少しだけ浅井さんの紹介をしておくと、彼女はふわふわしている。地理的に。または軽さ的に。以前には薬のプラスチックケースがバネでふわふわする作品があったけれど、あるいは、時間をかけて堆積するホコリの写真が作品になっていたけれど、そういう感じかもしれない。フッと吹かれれば、すっと動いていってしまうような。だから、愛知にいたかと思えば、東京へ。バンドのツアーについてアメリカに行ったり、そしてリスボンにいたかと思えば、北欧、北極圏へと。そして今度は札幌へ。

 とはいえ、浅井さんの作品は、その場所その場所で作品を制作して発表されたものであっても、その土地の名前とか、その土地の特徴とか歴史とか、そういったものはほとんど感じ取れない。あたかも、なにかについたホコリが、フッと吹かれれば、かたちを変えて他のものにすぐにひっつくみたいに。さらに言えば、それは浅井さんという個人のなにか、たとえば個性とか、体温とか、そういうものも希薄で、むしろ誰のものかわからない。したがってそれはあなたのものでもある。浅井さんはそういう作品を作っている。

 だから、例えばあなたがここで、群島のように机に置かれたノートを、パラパラとめくっては、次のノートへと、あっちに行ったり、こっちに行ったりしても、それでいいはず。感圧紙を重ねた自作のノートは、先のページのかたちを残しながら続いていくけれど、始まりと終わりがあるわけでもない。そこでは、はじめシルバーの線で描かれたイメージが次のページにブルーで転写され、そのいずれも、絵とか画とかになるはるか手前で、フッと現れて消えてゆく。私たちが、何かを意識もせず思い浮かべたり、あるいは、取り立てて意識もせずに何かのかたちを目で追っているときの、もう次の瞬間には忘れてしまっているような何かが描かれている。それは次のページにはかたちを残している。でも、その次にはほとんど残っていない。筆圧によるわずかな跡を除けば。

 イメージは現れ、写され、うっすらとした線跡を残していずれ消えていく。意味や意図が加えられる手前でなされるこの連続。積層する線は時に錯綜しながら、半ば自立したシステムとしてあるようだ。それが厚みをともなって目の前にこれだけあることにちょっと驚く。描いてはめくって、写されたものを見る、その繰り返しにはノートを垂直に掘っていくような感覚があるだろう。つまりそれは、見ることはあくまで見ることの軽さのままに、それが手応えをともなった層としてそこにある。だから、ここにはノートをあっちにこっちに移ろう私たちの動きとともに、イメージが紙からふっと消えていくような水平的な移動があり、同時に描いて降りていく垂直方向への誘いがある。

 この垂直方向への厚みは、私たちが目で、あるいは頭の中で、あまりにたくさんのものを見ているはずであることを思い出させる。または、私たちがあまりに多くのことを忘れてしまっている(し、でもそれは体のどこかに蓄えられているのかもしれない)ということを示している。ちょうど、冬に積もった雪が、確かにしばらくはそこにあったのに、春の訪れとともにどこかへ消えてしまうように。それは消えていったように見えて、大気に拡散し、地に浸透し、いずれまた空から帰ってくる。浅井さんのノートは、深く沈むための層として目の前にありながら、水平と垂直の動きとともに、さらに目の前にないものとしてあちこちに霧散し、ふわふわと偏在している。

 この脈略のなさそうなイメージの連鎖も、注意深く見ていくと、いくつかの鍵になるかたちがある。たとえば穴。たとえば髪の毛。他にも色々あるだろうけど、もしあなたがそうした手がかりを見つけたなら、ぜひ一つのノートのページをじっくり、あなたのペースで繰ってほしい。横滑るようにはかなく消えていくかたちが、ノートの奥へと降りていこうとするとき、あなたは何かに触れている。のかもしれないし、その触れた何かは、一転して次の何かへと繋がっていくだろう。七面鳥に触れたと思ったその手の先は闇に沈んでいるように。青い闇に沈む木に刻まれた印がかつて手がかりになったとしても、今はそうではないように。その不確かさは確かに物足りない。でも、そうであればこそ、私たちはその手応えのありかを、そこここに漂うものとして確かに想像することができる。

About the notebooks of Mariko Asai
Toshiharu Suzuki, Curator, Toyota Municipal Museum of Art

 

 To begin with, just a little introduction of Ms. Asai, she is fluffy. Geographically. Or in terms of lightness. Maybe it's the way she used to make plastic medicine cases fluffy with a spring, or the way she used to make photographs of dust that accumulates over time. It's like if you blow on it, it will just move away. That's why I've been in Aichi and then in Tokyo. I was in Aichi, then I was in Tokyo, then I was in America with my band, then I was in Lisbon, then I was in Scandinavia, then I was in the Arctic Circle. And now Sapporo.
 However, even though Asai's works are created and presented in each place, we can hardly sense the name of the place, its characteristics or its history. It is as if the dust on something, when blown, changes its shape and sticks to something else. What's more, it doesn't have anything of Mr. Asai's individuality, such as his personality or his body temperature, and we can't tell whose it is. Therefore, it is also yours. That's what Mr. Asai makes.
 So, for example, if you are here, flipping through the notebooks on the desk like an archipelago, going from one to the next, from one place to the other, that should be fine. The notebook, made of layers of pressure-sensitive paper, continues with the shape of the previous pages, but it does not have a beginning and an end. There, the image drawn in silver lines is transferred to the next page in blue, and each of them appears and disappears just before it becomes a painting or a drawing. When we think of something without being conscious of it, or when we follow the shape of something with our eyes without being conscious of it, something that we have already forgotten in the next moment is drawn. On the next page, it is still there. But on the next page there is almost nothing left. The image appears, it is copied, and it is copied.
 The image appears, is copied, and eventually disappears, leaving a faint line mark. This sequence is made before any meaning or intention is added. The layers of lines are sometimes intricate, but they seem to exist as a semi-autonomous system. It is a little surprising that there are so many of them in front of us with thickness. The repetition of drawing, turning over and looking at the copy is like digging a notebook vertically. In other words, it is there as a layer with a response, while the seeing remains light. So there is a horizontal movement of the image disappearing from the paper as we move from here to there in the notebook, and at the same time there is an invitation to draw and descend vertically.
 This vertical thickness reminds us that we must be seeing too much with our eyes, or in our heads. Or it shows us that we have forgotten too much (and yet it may be stored somewhere in our bodies). Just like the snow in winter, which is certainly there for a while, and then disappears with the coming of spring. It seems to have disappeared, but it diffuses into the atmosphere, permeates the earth, and eventually returns from the sky. Asai's notebooks are in front of us as a layer to sink deep into, but with the movement of the horizontal and vertical, they are also scattered here and there as something not in front of us, fluffy and unevenly distributed.
 If we look carefully at this seemingly unconnected chain of images, there are several key shapes. A hole, for example. A hair, for example. There are probably many more, but if you find such clues, I urge you to take your time and look through the pages of a notebook at your own pace. As the shapes glide across and fade away, as they try to descend into the depths of the notebook, you are touching something. It may be a turkey, or it may be a turkey, and that touch may lead to something else. You think you've touched a turkey, but your hand has sunk into the dark. Just as the markings on the tree in the blue darkness were once clues, but are now not. That uncertainty is certainly not enough. But it is precisely because of this that we are able to imagine the location of the response as something that is floating here and there.

R0012186.jpeg

installation view at Toyamachi Studio,2016